HOME > 事業案内

「日本語組版」と「AI(人工知能)」の融合

当社のコア技術は、前身の会社から引き継ぎ、30年培ってきた「日本語組版」と、近年注目される「AI(人工知能)」を用いて、完全自動で「日本語文書を美しくレイアウト」できる技術です。
当社は、「紙媒体(印刷)が得意」なIT企業です。
 
しかし近年は、インターネットの普及により、「紙媒体」の需要が激減し、PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスへの対応が必須となりました。この結果、制作フォローが複雑化しコスト増加に繋がっています。当社は、業務効率やコスト削減が期待できるソリューションを社会に提案しています。

真のワンソース・マルチユース&マルチデバイス

当社のコアコンピタンスは、「ワンソース・マルチユース&マルチデバイス」です。ワンソース・マルチユース&マルチデバイスとは、「1つの文書データ多目的利用及び、複数媒体へ自動展開する」という概念です。
 
例えば、紙媒体とスマホへ展開するための文書データは、明らかに規格の違うデータ形式(前者はPDF形式、後者はHTML形式)です。またこのデータ形式への変換には、高度な技術・知識を有したオペレータの作業が必要となります。
 
そこで当社は、高度な技術・知識を必要せず、パソコンが少し扱える方が、「紙媒体(印刷)」「パソコン」「スマホ」「タブレット」等にプロ仕様のレイアウトを実現できることを追求しています。 
 
当社ほど「紙媒体(印刷)」とその他のメディア展開を実現している技術はありません。だから「真の」と付させて頂いています。

顧客から共感(Sympathy)を追求した製品開発

当社は、独自のコア技術を用いて、顧客から共感を得ることに喜びを感じるIT会社です。この想いを大切に「Sym〇〇〇」という製品名をリリースしています。 
 

主力製品

当社の主力製品は、AI搭載型自動日本語組版エンジンSymformです。ここまで高機能な日本語組版エンジンは世界に無いと自負しています。また、日本語のみならず世界の言語編集にも対応しています。
 

主力ソリューション

当社の主力ソリューションは、企業が大量に持つ文書データ(ドキュメント)に対して、作る(SymManual)伝える(SymBrowser)計る(SymLearning)が連携した一気通貫ソリューションです。企業の規則・規程の管理や、教育研修に必要な業務マニュアル・オペレーションマニュアルなどに最適なソリューションです。

 
以下に当社の製品・ソリューションをご紹介します。


Symform(AI搭載型自動日本語組版エンジン)

30年培った日本語組版技術とAI(人工知能)が融合した自動組版エンジン。プロ仕様の印刷物が出力できるだけでなく、HTMLへにも展開できる真のワンソースマルチユース&マルチデバイスが実現できます。

SymManual(作る)/SymBrowser(伝える)/SymLearning(計る)

ドキュメントの「効率良く作る」⇒「しっかりと伝える」⇒「理解度を計る」を実現した国内唯一の一気通貫「ナレッジの共有」ソリューションです。
 

SymIRB(治験議事録管理・公開システム)

治験案件をDBで管理し、月に一度開催される治験に関する会議録を制作、1ヶ月以内に会議録を効率よく公開できるシステムです。

SymBook/SymStore(個人出版・販売サービス)

SymBookは、Web上で作成した原稿を本にしてお届けするサービスで1冊から出版できます。
また、SymStoreで出版した本を販売する環境も提供します。

サッカーロボット開発
<サッカーロボ㈱事業>

人間のサッカーワールドカップチャンピオンに勝つロボットを開発する事業です。
「サッカーロボット≒高度なヒューマノイドロボット」により人が作業困難な場所へロボットを派遣する事業への応用を目指します。

ゴルフロボット開発
<サッカーロボ㈱事業>

プロゴルファーと対決できるロボットを開発する事業です。
その応用として、キャディーロボットを開発・販売しゴルフ場の「コスト削減・サービス向上」を目指します。

マンション管理人ロボット開発
<サッカーロボ㈱事業>

オートロック機能のないマンションに簡易的に設置できる管理人ロボットを開発・販売する事業です。
徘徊老人などに悩む介護施設・老人ホームなどへの応用もできます。
※㈱一貫堂様との共同事業